<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JCF JシリーズXCO#6 白馬スノーハープ Ver.F | main | MTB普及・指導者養成講座INグリーンピア三木 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

JCF JシリーズXCO#8 瀬女高原 

 3月の鹿児島に始まり、長かったJシリーズもいよいよFINAL。
バイクを鳥監督に預け、たこやき君,流星君と3人で行ってきました。

ケースケブログの情報では、前日に激しい雨が降ったそうですが、試走した感じでは、
スティンゴが必要な路面でもなく、シラクで全く問題無かったです。

個人的な瀬女の難所は、〆能蕕離轡鵐哀襪硫爾蝓↓∪淙屬恵賄世硫爾蝓↓ガレ場の下りの3箇所。

,硫爾蠅蓮大五郎先生の教え(上半身はタコ(力まない))を心がけ、
それなりに速く下れるようになりました。
ただし、リズムが狂うと転倒してしまう、危ういレベルですけど。

△浪薪戮練習した結果、ダメだったので去年と同じく担ぎに決定。
、ここは問題無し。

全体的に去年に比べると、マシに走れるようになったかなと。

片付け終わった後に雨が降りだしたので、試走の意味が薄れてしまったけど、
たっぷり5周走って、それなりに走れそうな自信が付きました。

レース当日、おはようスポーツと一緒に5時半起床。

前日の雨が心配だったので、朝一の試走で軽く1周走りましたが、
それほど雨の影響は無く、ほっと一安心。

スポーツ男女のスタートを見届け、アップを45分。

ランキングがあまり良くないので、スタートは5列目でしたが、
なかなかいいスタートが出来た、と思った直後、出遅れていた選手に進路を塞がれてスタート大失敗。

上りにはいる砂利道でも、前の選手が転倒し、大きく迂回する形となって、後続にだだ抜かれ。

シングルに入っても、前の選手はシングルが苦手らしく、リズムの悪い走りに邪魔されて、足付き。

途中の下りで抜いたものの、脚はあるようで平坦で抜き返され、結果として1周目の殆どを抜きつ抜かれつする展開になってしまいました。
途中で観客に言われた順位は51位、1周目終了時点でトップと4分差。

2周目は、前とも後ともある程度差が開き、自分のペースで走る事が出来たので、
脚に余裕が生まれ、今シーズン初めて調子がいいかも、なんて思ったり。
何処で抜いたか覚えて無いけど、40番台。
2周目終了時点でトップと7分30秒差、ギリギリ完走出来るかな?

3周目、最初の上りでドリンキングのO選手を抜き、シングル入り口付近で、
女子エリートの片山選手に抜かれたので、下りで追いつこうと調子こいたら、
両足のクリート外れて転倒、O選手に再び抜かれた。

3周目終了間際で追いつき、再び上りでO選手を抜く。
でもまた下りで転倒してパスされ、自分の下手さに泣いた。

泥の影響でロー側が使えなくなって脚は一気に限界へ、上半身も筋力不足でヘロヘロ。
4周目終了時点で、全身ボロボロでした。

コテージ横で、2人に抜かれながらも順位的に5周目行けるだろう、と甘く見ていたら、
80%ルール3人目の餌食となって、最終戦終了となりました。

37位/77人と胸を張って威張れる結果では無いけれど、
自分なりに一番充実したレースだったと思います。

今回露呈した上半身の筋力不足を克服し、来年の全レース完走を目指して、練習しようと思います。

team-d-run * レースレポート * 22:36 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:36 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ