<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< JCF/XCJ1 ジャパンシリーズ 箱館山 | main | 2009 XCO#4 富士見パノラマ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

グリーンピア三木で悶絶・・・ちょっと失敗

 最近LSDっぽく長い時間乗ってなかったので
5月17日大阪府トライアスロン協会主催の
スーパーサイクルエンデューロINグリーンピア三木に参加してきました。

去年は一応一般部門の6時間ロードのちゃんぴょん・・・
という事で今年は6時間MTBでエントリーしておきました。
結果・・・目論み通り(?)エントリーは自分1人(笑)
ということは6時間あるのですが1周走っただけで優勝です。

なぜかこのレースは色々準備に手間取りスタート時間ぎりぎりになってしまう。
今回も自転車に色んな小細工してましたら結構ぎりぎり。
スタート15分前に開会式をしてスタートラインに並ぶ。
今回で3回目のこの大会ですが今回が一番人数少ないな・・・
ローリングスタート形式ですがなぜかオープニングラップ獲得の密命が。
虎視眈々とローリングスタートの1周目をこなしてスタート。
5番手ぐらい維持しつつもし飛び出せるならと前を伺います。
ですが数名飛び出していきあ〜やっぱり駄目やったか・・・と思ってたら
飛び出しただけでけん制し合ってる模様。
この隙にときゅきゅっとペダルを踏んで差をつめ
更に計測地点できゅきゅっとオープニングラップ獲得・・・多分。

とりあえずどれだけロードについていけるかと思って頑張る。
3周目ぐらいからじりじりと先頭集団から離されちぎれちゃんちゃこ。
やっぱりホイールの周径とギア比の違いがしんどい。
ここからひたすら一人旅。
ちょっと乗れそうな人がいたら失敬してつかしてもらう。
いいでしょ?MTBなんだから・・・
今回は得意なところと苦手なところが顕著。
スタート後の登りと平坦部分はロードにもついていける。
方やトンネル後の登りからスタート部分までは
スピードの乗り方が違いすんごいしんどかった。
今回はO滝用にキャメルバックを使用。
それぐらいしか特記事項はなくほんとうにたんたんと。
と思ってたら2時間半ぐらい経過したところで
後輪がばしゅーとパンク防止剤を撒き散らしながらパンク。。
前輪じゃなくてよかった。。
パンク防止剤入れてたのに・・・
コースの半分ぐらい?だったので仕方なく歩き+小走りでピットに帰還。
なんとかチューブレス状態だったのをチューブドにして修理。
パンクの原因はタイヤが裂けてました。
軽量化しすぎたか・・・
30分〜1時間以内?をロスして復帰。

またまた一人旅ですので中々補給に関しての
意思疎通が出来なかった事以外は特筆事項なし。
それなりに悶絶でしたがやっぱりパンクでロスした分は
休憩になっているのでその分悶絶度は低め。
路面もイマイチな場所なんでパンク自体は仕方ないですね。
とりあえず完走して終了。
逆にパンク休憩で2本にわけて走った感じが練習的にはよかったと思います。

結果はまぁカテゴリ1人しか出てないので(笑)
総合は真ん中ぐらい。
自分はMTB+パンク休憩ありやのに他の人は何してたんやろ・・・

結果・・・32周回   byた
team-d-run * レースレポート * 20:48 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:48 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ