<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 勝ち易きに勝つのが兵法の基本なんじゃよ? | main | JCF/XCJ1 ジャパンシリーズ 箱館山 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

2009 J1 八幡浜

 八幡浜に来るのは、Jと八幡浜ミーティングを含めて4回目でしたが、初回を除いて全て雨。
姫路を出た頃の雨脚の強さに比べると、現地の雨は止みかけで雨具は必要なかったものの
路面は見事に泥。

三時間耐久で走っているライダーやバイクの汚れ具合を見ているだけで、
試走する気が失せそうなほどでした。

それでも前日に来ておいて試走しない訳にはいかないので、
コースオープンの14時を待って試走。

最初はコース状態の確認が最優先なので、つづらのシングルをゆるゆる走ってみると、
至る所が耐久で練り上げられた泥区間に変貌しており、あっという間にタイヤは泥でまん丸に。

泥のおかげで前も後ろもズルズル滑り、この時はスティンゴ持って来なかった事を後悔しました。

それでも走っていると泥の中にもラインが出来て、路面も水分が抜け走りやすくなってきました。
結局、時間にして約2時間半、コースを3周半して試走終了。最後派手に転倒したのはお約束。

翌日、7時半からの試走時間に1周走ってみると、前日よりも更に泥から水分が抜け、
路面コンディションはかなりGOODでした。

スポーツ男女のスタートを見てから、ヒルクライム2本と平地でもがいて心拍上げてアップ終了。

9時45分、いよいよエキスパートの招集開始。
前から4列目で、同じ列には鳥監督やSONICイノウエさん、京都でお世話になってるヤノさんの姿も。

10時、スタートのピストルが鳴り、この前は入らなかったスイッチがON。
集団の合間を縫って、最初のシングルへは15番手?(と言われたような…)で入りました。

ところが、2人前の選手はシングルが遅く、集団から中切れ。
前を上手く抜かせないまま、ラインが2本になる緩い上り区間で後続数人に抜かれ、
つづらの上りでふくらんだ際にもう1人。
シングルを出るキツイ上りでも1人抜かれて結構順位を落としてしまいました。

簡易舗装の上りでは鳥監督にあっさり抜かれ、結局1周目は20位の前半で通過。

2周目は鳥監督の背中が見えるところに位置し、このまま着いていけるかと思った3周目の序盤、
つづらの上りで、腿全体が攣りそうな兆候。今まで経験した事無いレベルの。

ちょっとペースを落とし、平地区間で脚を回してなんとか落ち着きましたが、
シングルの最後にあるキツイ上り(観戦ポイントでもある)で踏んだ瞬間、脚がピキーン、攣った。

自転車を降りて、押そうとするけど、脚が生まれたての小鹿ちゃん状態、
両足が足首まで伸びて、爪先立ちするのがやっと。しかも震えてる。歩けない。

本人は必死だったけど、観客にとっては面白いシーンだったでしょう(^^;

暫くするとしゃがめるようになり、しゃがむとマシになったので、数秒休んで無理やり自転車に跨り再出発。

ここからの記憶はかなり断片的なので、覚えてる範囲で。

3周目後半、桜坂で1人抜き、舗装路で2人ほど抜いたけど、1人に抜き返されてサヨウナラ〜。
やっぱりエキパ残留組は強い。

4周目でのPowerGELとドリンクの時間差フィードは有難かった。
この後の舗装路で、山鳥の選手にえらい勢いで抜かれた。
その選手が目の前で80%で切られたので、ここで終わりか、と思ったけど自分はパス。
後でリザルト見たら周回遅れだったみたい。焦らすんじゃねー。

5周目、プロフィーダーに踏め踏めと応援されたので、インナーローで食いしばって桜坂を上った。
応援なければ心が折れてたかも。
後半の根っ子ゾーンを抜けた所で1人抜かれ、これ以上順位下げてたまるか、と最後頑張ってゴール。

順位は35位/76人でした。

路面状況が違うので一概には言えませんが、去年のスポーツでは色んな所で渋滞があったけど、
エキスパートではそれがありませんでした。

さすがエキスパート、と思われる走りを目指して今シーズン頑張りたいと思います。

フィード並びに応援して下さった皆様、ありがとうございました。

ふじ

team-d-run * レースレポート * 06:38 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 06:38 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ