<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 4月12日まったりツーリング&BBQ | main | 2009 J1 八幡浜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

勝ち易きに勝つのが兵法の基本なんじゃよ?

さてさてそろそろゴールデンウィークも迫りつつありますが
下々の皆の衆は如何おすごしじゃろうか?

拙僧は4/26MTBジャパンシリーズの八幡浜インターナショナルに参加してきたんじゃよ?
インターナショナルと名前がつくのは
どうやら最高クラスの10位までの人にはUCIポイントというものが付くそうじゃ。
ぶっちゃけ貰っても何の体勢にも影響はなさそうな・・・

自分は相変わらずスポーツクラスという
下級戦士どもが何となく普段の鍛錬ではなくスタート順を
そのまま着順にするような出来レースクラスに参加してみたのじゃ。

前日入りして試し走しりをする訳なのじゃが
残念ながら4/25は雨粒がどしどし地面に来襲して非常に走りにくい
状態になっていたが拙僧の普段の行いのよさが災いしてか
雨はやんだが木の根は滑りやすいスキヤキステキ。
前日の結論はいかに上手く降車するかという事。
流石拙僧論理的思考が備わっているので身の程をわきまえてる♪
試し走りを終えると何やらレースの周回数が
拙僧の元に上申されてきたのじゃ。
なに!二周回じゃと!?
下級戦士どもは一周回大体20分ぐらいだから40分ぐらいしか走らせないじゃと!?
今回は大体4時間ぐらいで行ける場所だったから
総理大臣を動かし周回を増殖させるのもまぁ「アレ」なんで
ぐっと我慢をしてやったわい。
まぁ下級戦士の阿鼻叫喚の不愉快な叫びを上級戦士どもは
聞かなくてすみから大岡裁きじゃなかろうか?

さて本番当日はAM5:00と人外なような時間の起床じゃて。
拙僧は普段から修行を積んでいるから目覚まし時計は不要である。
駄菓子菓子何故か携帯電話という文明の利器の亜羅ー無機能というのが必要じゃ。
朝からスノーブランドのコーヒー牛乳を嗜みながら優雅に出陣でござる。

朝一試し走りをしようと思ったらまだ開放時間じゃなかったようじゃ。
世界大統領に連絡をして拙僧はいつでも走れるようにと伝令しておいたのじゃが
どうやら官僚的縦割社会の為に拙僧の大事な伝令は
大会本部に伝わってなかった不手際があったみたいじゃの。
世界大統領には後程拙僧からきついお仕置きじゃ。
当日の路面は前日とうってかわって粘土みたいに固めの路面じゃ。
昨日拙僧の超絶偉大驚嘆こんぴゅーたがはじき出した降車術は
下々の衆に披露する事がなくなったのは誠に残念じゃ。
さていよいよ出走の時間なんじゃがスタートに並ぶとき
何故か二番目に拙僧の名前が呼ばれた。どうやら一番目で呼ぶのは気が引けたようじゃ。

スタートは何分か前からカウントダウンが始まるんじゃが
15秒前から数えてたら出遅れたでござる。
3・2・1・0スタート!なんじゃが
スタート!おお数えてるのが合ってた!おお拙僧もスタートじゃ!
というかんじで2テンポぐらいおくれた拙僧ってお茶目♪
とりあえずお約束の踏み倒しで先頭維持じゃ。
シングルトラックにはこりずに一番で突入するかどうか悩んだんじゃが
拙僧程の身分になると先導車が必要なんで2番目でシングルに突入してやった。
先導がつくとまぁらくちんにこなせるんじゃな。
シングルでも上り部分は折からの不調で全然じゃ・・・
それでも最初のシングルは耐えて二番手でシングル脱出じゃ。
先導車が何故か入れ替わってた不思議!
あとはだらだらと順位を下げるだけじゃった。
下級戦士どもの醜いあらそいじゃの・・・
桜坂までは耐えたがその後は駄々抜かれじゃ。
約900辰曚匹虜笋任論杼里牢萃イ辰燭里犬磴茵
まぁしかし拙僧の頑張りとは別に民達は抜いていくんじゃが。。

一周目を悶絶しながらこなしてやったがまだあと一周あるのを忘れてた。
今日も拙僧のお茶目は全開である。二周目はほぼ一人旅じゃった。
数名先導達を行かせて拙僧が行きやすいように踏み固める指示を
出しておったがその通り走りやすい路面で褒美を遣わしたいと思う。
誰も見てない簡易舗装の登りではまた一人抜かれた。
もしくは前に行かせてあげた。
簡易舗装の登りの次はシングルの登りじゃったんじゃが
折角編み出した降車術を使わないのもなんともアレじゃったから
降りて自転車を押してみたんじゃよ?
すげーしんどかったのはみんなの秘密じゃ。
なんとか登りきった後のシングルを抜けると先程拙僧を抜かしよった
先導車が一台おったわ。
ここからは登り返しがあるから普段殺生をして肉を食す拙僧の
体重のおかげでスピードに乗る乗る。
この拙僧のりのりである。
なんとか一つ順位を上げてゴール前のグランドへ。
ここからはまぁ無駄な加速をするのは後続にも拙僧にも
お互いの為にならんからけん制しながら流して終了じゃった。

今回も最初加速でずるずる落ちる展開じゃったわけじゃが
これはどうにかならんじゃろうか?
今年は二回しか下級戦士どもの宴に参加しておらんが
どうやら来年は補給が必要でその折角もらった補給を
補給してくれた人に投げ返したりボトルの水を観客に振りまいてみたりするのが
許されるゆるゆるみんな内輪で走るエキスパートクラスとやらに
参戦できる権利を購入する事に成功したようじゃ。
あくまでも獲得じゃなくて購入なのが大事じゃぞ。
まさに
勝ち易きに勝つのが兵法の基本なんじゃよ。

これからは参戦人数も激増するよってから
当落線上の皆の衆精進するんじゃて。

結果…スポーツ男子7位 byた
team-d-run * レースレポート * 13:19 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:19 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ