<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グリーンピア三木でMTBエンデューロ | main | 菖蒲谷シリーズ第3戦 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宗谷山MTB2時間耐久レース

3月22日宗谷山2時間耐久レースに出場してきました。

一応最後まで走ったのでレポート書いておきます。
まずはチェーンが切れてしまい色々助けて頂いた方々に多謝。
本当に恐縮しまくりです。皆様ありがとうございました。

当日天気予報通り雨が降りましたが会場入りした時にはどうにか雨は小康状態。
しかし濡れてしまった路面はどうしようもなくマッドなコンディションな予感。
受付をしてメンバーを見るとまたこれは・・・
Jシリーズに出場されるライダーがずらり。
その時点で入賞は無理とあきらめどこまで走れるかに切り替える。

そしてまず試走をしてみますがどうやら土質的にはタイヤにからまってくる土ではなくまぁまだ掃けてくれる土という印象でした。
とりあえずグリップがない状態で下りは怖い怖い。
下りは攻めるのを諦めて(といってもそんな攻める脚はない)安全第一で下ることに方針を決めました。

でごちゃごちゃしてたらいよいよスタート。
でもその瞬間何故か雨が降ってきました。すごい雨男がいる予感。
ローリングスタートということでだらだらやる気順?にスタート。
スタート後最初の方は某Dの多分Oさんの後ろを走る。
速さは感じないけど上手い走り。後ろ走ったには少しだけでしたがミスが少なく思えました。一箇所だけ足つきしてたけどリカバリーも早い。見習わなければ。
と思っているうちに視界から消える・・・次に視界にはいったのは何故か知りませんが某鳥監督。
結局ひたすら鳥監督の背中を見続ける事になるんですが・・・
安全に走行したので一箇所を除いてはレインなコンディションの割りにこけることも一度もなく足もつかずこけず行けたのが良かった。
で鳥監督とデットヒートだった訳ですがもちろんそれぞれが速い点・遅い点があった訳で。
自分の方が速かった所(明らかに差を詰める)
・なぜか知らないが平坦なシングル
・ゴール前の急坂
自分の方が遅かった所(明らかに差がひらく)
・登りのシングル
・ジープロードの登り
・下り全般・・・
こんな感じでレースしてました。
シングルについては登りかえしみたいな所では体重がある=スピードにのりやすいで比較的楽にクリアできていたのが大きいと思います。
レースの展開的な話では終盤最終周まで5位で走っていましたが絶対マウンテン的に負けたらいかん某Sの某Kさんにえらい勢いで抜かれ更に運良く鳥監督にも先行してましたがシングルでのプレッシャーに負け
(本人はプレッシャーなんかかけてる気はなかったと思いますが・・・)
足をついてしまい終了となりました。
あとは気持ちが切れてたらたらインナーでジープロードを登り終了。

来週Jシリーズの開幕なので調整という意味で出場し自分の力も最後の最後を搾り出したという走りではなかったです。
たらればはないですがその一箇所下りで毎回詰まってしまった所を乗って下れてたら結果はもう少し違っていたかな?
でもそれはクロカンのテクニックであり面白い所でもあるのですが。
やるべきことの先が見えてるので少しだけモチベーションがUPしました。

結果・・・ソロ7位  byた
team-d-run * レースレポート * 12:05 * comments(0) * - * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:05 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









このページの先頭へ