<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

Team¥Run MTB忘年会・・・みたいなもの




忘年会の時にお話になりました猟犬様のMTBデビューが
本日12月13日開催されました。

当初4〜5人?と思われておりましたが猟犬様がデビューされるという風の噂を
聞きつけた方々が駆けつけられなんと総勢10数名・・・
皆様に見守られながらデビューされ無事怪我も無く終了されました。
さながら表題の通り忘年会でしたね。


自分としては人様と走るのは久々だったので
普段と少し勝手が違った&NEWバイクでいまいち慣れない部分があり
少しあせった場面がありましたが・・・
危うくリアディレイラーを岩にヒットさせかけて
心臓が飛び出るかと思いました。
こちらも無事済んでよかった・・・

またこのように皆様と走れる機会があるといいですね。



team-d-run * 活動記録 * 22:06 * comments(0) * - * pookmark

MTB普及・指導者養成講座INグリーンピア三木

 久々ですがちゃんと活動した事に関しては書きます(笑)

11月14日・15日に開催されました
日本マウンテンバイク協会主催
MTB普及・指導者養成講座に参加してきました。

今回このような講座に参加した私の目的としましては
基本技術の再確認と指導方法の基礎の基礎を習うという事でした。

主な講師は沖コースケ氏。
まずは氏が実際にされる様な講習を体験受講。
初心者の方には何を教えるべきか?という事を知る事ができました。
覚書までに教える事の必要事項。
.肇譽ぅ襪貌る為の必要知識(安全面)・心得
  (ハイカーとトラブルにならないとか持ち物とか)
⊂莠峪兩
  (シッティングでは体重のかかる重心位置がサドルでは
     地面からその重心位置が遠く不安定。
   ダンシングの状態だと体重のかかる重心位置がBBになる。
     重心位置が地面から近く安定しやすい)
A宛紊離丱薀鵐
  (婦人車でも普通に乗ってる限りは左右のバランスは取れてる。
   こけやすい急坂等の対応は前後のバランスがとれてないから。
     腰を引いてバランスをとる事を教える)

実際講習をする場合は限られた時間しかありません。
その中で安全にトレイルライドをして頂ける為の必要最低限の知識・技術を得て頂く必要があります。
ポイントを絞り端的に説明するのは難しい・・・と感じました。

1日目の実技項目を以上で終えお風呂・食事の後は座学。
主にマウンテンバイク協会の事とイベントを実際に開催するに当たってという内容でした。
最後は班に別れ実際にイベントを開催するには?要項を考えるシュミレーションをします。
やはり実際に開催するには色々問題点がありますね。
開催されています龍野マウンテンバイク協会さんには頭が下がります。

その後は夜のお楽しみタイム。
いわゆる飲みにけーしょん。
自分らは某MTBオリンピック監督の班で色々お話を聞け有意義でした。
いずれお話出来る表話からこれは話すとまずい裏話まで(笑)

2日目は
前述した前後のバランスに付随しました抜重のお話。
基本的に初心者の方が相手ですので
自分みたいに腕でフロントを上げる悪い見本を教えるのではなく
前後の荷重移動で障害物を越えるように教えてくれます。
これは多分初心者の頃に体に染み付けておかなければならない基本の基本。
なんとなくわかっていても言葉に出されるとなるほどです。
その後は一人一人模擬講習。
言葉にする事の難しさ。特に大人だとニュアンスでわかって頂ける場合がありますが
子供を相手にした時の対応。これはもう経験しないとわからないでしょうね。
そういう難しさを学び終了しました。


自分にとっては非常に有意義な時間となりよかったです。
内容的には基本的な技術の部分はわかっていないと
せっかく行っているのにせっかくの有意義な時間が何割か減になると感じました。
自分が技術の話を理解するのに気をとられ
教えて頂く機会があまりない指導・普及の部分がおろそかになる印象をうけました。
特に我々受講者が模擬指導までしますのでその部分でつまづきやすくなるように思います。

今回受講し公認普及員の登録資格を得た訳ですが
受講した目的でもある少しでもMTBに人を呼び込める様に
自分が何が出来るかという部分で人に教えるという事について
少しは貢献が出来る様になったと思います。
これからは講習会等もしあればお手伝いできればとも思いました。
もちろんこれを見られてMTBってどんなもの?教えてほしーの!
という方どしどしお声頂ければと思います。


byた
team-d-run * 活動記録 * 16:22 * comments(0) * - * pookmark

たつの市で結局南極大冒険

 南極じゃないけど。。

一応練習呼びかけたけど誰も遊んでくれなかったから山ごもり。

師匠連中にしばかれる・・・



速っ・・・



画像じゃわからんけど結構難しいんです。
下手糞に見えるけどほとんど一応JCF・MTBエキスパート以上のはず・・・
あれっ??

こんな感じで一日お山でレクリエーション。

by・・・た
team-d-run * 活動記録 * 21:59 * comments(0) * - * pookmark

MTB京都遠征




















1月12日に京都にて山ライド企画があったのでチームからは私とFさんで参加して参りました。
兵庫・大阪・京都のJシリーズに参加されてるライダーが中心なんですがエリートもしくはエキスパートで占められていたのが脅威的・・・
更には一昨年引退された元TREKの野口忍さんまで。
ぶっちゃけて言えばシングルトラック等は私を中心とした一部兵庫勢が足を引っ張りまくって野口さんの素晴らしいライドを拝見する事は出来なかったんですけどね。
メンバー的には本当にすごくて普通の山サイだと誰かが絶対足つきそうな所でも全員難なくこなしていってました。
そつなくという言葉がぴったり!
自分はそこでも必死についていってましたけど。
コンディションは平地ではそうでもなかったんですが山に入って標高があがると雪が。
中々楽しくもあり素敵な景色をみせてくれてもありながら苦しめてもくれました。
そりゃ京都のライダーはあんな所で練習してたら速くなります。

メンバーのレベルが高かった事もあり休憩もすくなく乗りっぱなしの一日でしたが色々と他県の方々とも交流を深める事ができ楽しい時間を過ごす事が出来ました。

ただ今回は・・・
初心者の方が気軽に次あれば参加しますと言える企画じゃないのがたまにキズですかね。
















走り終わるとMTBはえらい事になってました・・・

byた
team-d-run * 活動記録 * 17:46 * comments(1) * - * pookmark

恒例新春ツーリング


















今年も恒例となりました、新春ツーリングを開催いたしました。
年が明けて初めてお会いする方や、革新的な新兵器を導入した方、過去を懐古された方など多くの方の参加があり喜ばしい限りです。
コースはこれも例年通り七曲〜赤穂〜上郡〜たつのと約70km程度です。
速いペースで行きたい方まったり行きたい方、それぞれ班分けをしておりましたので、各人楽しめたかと思います。

寒い中多くの人が参加されてそれぞれ交流をしていただけた事と思いますので、また来年開催できるといいですね。
team-d-run * 活動記録 * 15:08 * comments(4) * - * pookmark

福知山マラソンに参加しました

11月23日に開催されました福知山マラソンにこばこば氏と共に参加してきました。

自分にとっては初マラソン。正直言って練習不足で今回のマラソンに望みました。
当日早朝にこばこば氏と合流し福知山を目指します。
自分は時々寝落ちしながらおしゃべりをしてますといつの間にか福知山。
こばこば氏には帰りも運転をしていただき本当に感謝でした。

福知山に入るも前日の食事の影響下朝から腹痛に苦しめられます。
正直DNSも考えた程です。
数回トイレに入った後スタート場所に移動し受付。
自分は参加証を紛失してしまったので再発行後→受付
だったのですが待ち時間ほぼ無しで10,000もエントリーがあったとは
思えない程のスムーズさでした。
すばらしい運営です。是非自転車関連の運営も見習って欲しいと思います。

その辺りでうだうだ時間を浪費しスタート時刻を待ちます。
いよいよスタートですが並んだ場所が最後尾近く。
スタートするまで8分もかかりました。
最初はゆっくりという事を頭に入れて走ります。
しかしこのペースで大丈夫か?という不安・・・
なんたって時計をもたずに走ってますので(笑)
5km経過時点で時計をみるとかなりのスローペース。
ここから焦ってしまい今度は逆に飛ばしすぎてしまいました。
20km通過で確か2:00丁度だったと思います。
この辺りから足がだるくなり30km付近でもう足は棒。
休み休み走るよりずっと歩いた方が効率的だと思い残り10数キロは
無理せず歩くことにしました。

ゴールするまで一緒に参加したこばこば氏にかなり待って頂き
かなり申し訳ないと思いながら歩いていました。
残り2km程度は何故か知りませんが登り坂。
正直コースレイアウトを考えた人を怨みます(笑)
なんとか半死半生になりながらゴールしました。

感想は率直に言って練習不足です。
準備期間1ヶ月程度で走行距離も150km程度だったと思います。
一緒に参加したこばこば氏は4時間切っていましたが
10月の月間走行は300kmを越していました。
4時間切りを目指すには月200km以上を数ヶ月に渡りこなす必要があると思います。
12月14日に某所で行われるマラソンに参加するのは決定しておりますが
なんとか5時間切り+最後まで歩かず走りきるのを目標にしたいと思います。

結果・・・5時間10分前後
byた

追記
皆様もう少しここを利用して欲しいです(笑)
些細な事でもいいですので・・・
team-d-run * 活動記録 * 18:12 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ